Windows11 古いPCにインストール

こんばんは くろねこです。

MicrosoftからWindows11が正式リリースされましたね。
というわけで、

とりあえず触ってみよう! と。

今回はそのレポートです。

f:id:kuronekofreedom:20211009111205p:plain

正式リリースされた Windows11

この記事では下記の流れで進めさせていただきます。
なお、インストールの方法などは 当方の環境に合わせていますので、その部分はご自身の環境に合わせて読み替えて進めてください。

また、今回ご紹介する方法は、
Windows11の動作要件を満たさないPCへのインストールです。
Windows11の動作を保証するものではありません。
実施する方はあくまでも自己責任でお願いします。

■ 記事の流れ ■

 

Windows11のインストール要件

インストール可能なハードウェアの条件について、リリース前から様々な情報が流れましたね。そんなWindows11も先週、ようやく正式リリースされました。

マイクロソフトが提示している Windows11の動作要件は下記のようになります。(要約)

  • プロセッサ    1GHz以上の2コア以上の64ビット互換プロセッサ搭載
  • メモリ    4GB以上
  • ストレージ    64GB以上の記憶装置
  • システム ファームウェア    UEFIセキュア ブート対応
  • TPM    トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
  • グラフィックス カード    DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
  • ディスプレイ    対角サイズ 9インチ以上で 8ビットカラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

動作要件の詳細についてはこちらをご覧ください。

www.microsoft.com

ここで、世間をざわつかせたのが、セキュアブートとTPM2.0対応であること なんです。

TPM2.0は確か2015年ころにリリースされたもの。Windows11は2015年で線引きするということで、巷では古いPCの一掃なのでは? とざわついたのです。

こうなるとくろねこの家のPCのほとんどは、Windows11へのアップグレードをあきらめなくてはなりません。

ですが・・・
このセキュアブートとTPM2.0のチェックを迂回してインストールさせる方法が公開されました。

今回はこの方法で本当にインストールが可能なのかを確認しました。

インストール用のターゲットマシン

今回、インストール先となるものは、2012年製 DELL LATITUDE E6320 です。
このブログではおなじみのPCです。

f:id:kuronekofreedom:20200920224233j:plain

ターゲットとなったのは

写真のとおりに、Windows7 プレインストールモデル です。
当時はハイスペックなPCでしたが、Windows10へのOSアップグレード時に、Windows10を快適に利用するためにSSDへの換装やメモリを増設し、「使える状態」にハードを増強しました。

「使える状態」にした際の記事は、こちらにありますので、お時間のある方はご覧ください。

www.kuronekofreedom.com

今回、このPCに新しいSSDを取り付け、クリーンインストールします。(せっかく入っているWindows10が壊れるとちょっと困るので・・・)

インストール用USBメモリの作成

最初にインストール用メディアを作成します。
インストール用メディアは、16GBのUSBメモリを使用します。
(使用するUSBメモリは初期化されます。中身のバックアップを忘れずに)

ここからは、インストールメディア作成用のPCでの作業になります。
準備したUSBメモリを先に接続しておきます。

次に下記のURLからダウンロードします。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

f:id:kuronekofreedom:20211009173206p:plain

Windows11 インストールメディアの作成

インストールした MediaCreationToolW11.exe を管理者として実行します。

f:id:kuronekofreedom:20211009174543p:plain

MediaCreationToolW11

メディア作成ツールが起動したら、流れに沿って進めます。

f:id:kuronekofreedom:20211009174903p:plain

f:id:kuronekofreedom:20211009174900p:plain

メディア作成ツールの流れに沿って進みます

次に、言語とエディションの選択の画面になりますが、言語のみ選択可能(といっても日本語以外にする理由がありません。)です。

f:id:kuronekofreedom:20211009175306p:plain

エディションは「Windows11」のみで他の選択肢はありません

次に、使用するメディアの選択です。
最初に準備したUSBメモリなので「USBフラッシュドライブ」を選択します。

f:id:kuronekofreedom:20211009175547p:plain

USBフラッシュドライブ を選択

USBメモリのドライブを選択します。

f:id:kuronekofreedom:20211009175900p:plain

USBメモリのドライブを選択

あとはメディアが出来上がるのを待つだけです。

f:id:kuronekofreedom:20211009180112p:plain

f:id:kuronekofreedom:20211009180114p:plain

f:id:kuronekofreedom:20211009180117p:plain

WIndows11のダウンロード

「完了」ボタンをクリックしたら、USBメモリを取り外します。
これで、Windows11のインストールメディアは出来上がりました。

インストール開始

ここからは、Windows11をインストールするターゲットPCでの操作になります。

作成したインストールメディアUSBメモリ(以下、USBメモリ)をPCに接続します。

電源を入れ、USBメモリからシステムをブートします。

言語やキーボードの種類はデフォルトのまま進め、下の画面の「今すぐインストール」をクリックします。

f:id:kuronekofreedom:20211009183022j:plain

f:id:kuronekofreedom:20211009183025j:plain

インストール作業

Windowsのライセンス認証では「プロダクトキーはありません」をクリックします。

f:id:kuronekofreedom:20211009225242j:plain

プロダクトキーの入力画面

オペレーティングシステムの選択では、Windows11 Pro を選択します。(ドメイン参加するため)

f:id:kuronekofreedom:20211009225329j:plain

持っているライセンスのエディションを選択

「このPCでは Windows11 を実行できません」

やがて下記の画面が表示されます。

f:id:kuronekofreedom:20211009191514j:plain

問題のチェックで・・・

通常なら、ここで終了です。

ですが・・・

ここで、レジストリを変更し、セキュアブートとTPM2.0のチェックを迂回させます。

この作業を実施する場合は自己責任で実施してください。
作業失敗によりいかなる損失が発生しても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

上記の画面が出ている状態で、Shift + F10 でコマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトで、レジストリエディタを起動します。

f:id:kuronekofreedom:20211009195417j:plain

レジストリエディタを起動

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup を開き、LabConfig」キーを追加します。

f:id:kuronekofreedom:20211009195839j:plain

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup に「LabConfig」キーを追加

LabConfigキーの配下に下記の値を追加します。

f:id:kuronekofreedom:20211009220107p:plain

f:id:kuronekofreedom:20211009220441j:plain

レジストリに値を追加

完了したら、レジストリエディタを閉じます。

次に、「このPCでは Windows11 を実行できません」画面の左上の戻るボタンで戻り、再度インストールを開始します。

インストールを続行

再度インストールを実行すると、「このPCでは Windows11 を実行できません」画面は表示されずにインストールが進みます。

下記の画面が表示されれば、セキュアブートとTPM2.0のチェックは迂回したことになります。

f:id:kuronekofreedom:20211009220819j:plain

セキュアブートとTPM2.0のチェックを迂回しました

あとは淡々とインストールを進めます。

f:id:kuronekofreedom:20211009221234j:plain

f:id:kuronekofreedom:20211009221238j:plain

初期設定の画面デザインはすっきりしました

インストールの最終段階です。

f:id:kuronekofreedom:20211009221550j:plain

いよいよです

Windows11 初ブート & ログイン

インストールが終了し、Windows11が起動します。

f:id:kuronekofreedom:20211009221709p:plain

Windows11が起動しました

ログイン画面は、ubuntuのロック画面によく似てます。

早速、ログインします。

f:id:kuronekofreedom:20211009221912p:plain

ログイン直後の画面 (中央に表示されているのはスタートメニュー)

ログイン直後の画面はどこかで見たことあるような画面です。

バージョン情報の確認をします。

f:id:kuronekofreedom:20211009222406p:plain

Windows11のバージョン情報 (winverコマンド)

バージョンは、Windows 21H2だそうです。
(Windows10 の21H2 との区別はどうなるんだ?)

ライセンス認証

クリーンインストールしたので、ライセンス認証を行います。

試しに、PCのプレインストール(Windows7 Pro)のプロダクトキーを入力してみます。

f:id:kuronekofreedom:20211009223318j:plain

ライセンス認証 成功!

f:id:kuronekofreedom:20211009223406p:plain

アクティブ状態になりました

あとがき

今回使用したPCのスペック情報です。

f:id:kuronekofreedom:20211009223657p:plain

なかなか古いマシンでしょ。。。

コントロールパネル回りが大きく変化していて、設定したい項目の画面を結構探しました。Windows7までの従来からある「コントロールパネル」が染みついているため、Windows10でも大変だったのですが・・・

また、PCのスペック的な感覚は、まだ、使い込んでいませんが、Windows10で使っているのとほぼ同じでは? と現時点では感じてます。

あとは、アプリとの食い合わせですね。

それでは、また。

 くろねこ自由気ままな日記

ブログランキング・にほんブログ村へ
© 2020 くろねこ自由気ままな日記