高田松原 奇跡の一本松へ再び (3)

こんばんは くろねこです。

あの日から11年です。

多くの悲しみを乗り越え、力強く生きていらっしゃる姿をさまざまなメディアにより伝えられ、(伝えきれていないことが、もっともっとあると思いますが)胸の中が暖かくなり、再び前に踏み出すためのたくさんの勇気をいただき、自身の今日があると思っています。

そして、世界が称賛した、つらい時こそ助け合う日本人を誇りに思います。

今回の記事は、2021年夏に再び訪れた高田松原 奇跡の一本松陸前高田市)のお話です。

今回はその第3回です。
高田松原 奇跡の一本松 再び」はこの記事で最終回です。

これまでの記事をご覧いただくには下記をクリックしてください。

それでは、第3回スタートです。

f:id:kuronekofreedom:20220311221629p:plain

2021年7月3日(土)

朝風呂と食事を済ませ、帰りの準備をしながら、くろねこ奥さんに「どうやって帰る?」と聞いても何も浮かばない様子です。
地理に詳しくないくろねこ奥さんでは仕方ないことです。

ということでチェックアウトしたら、ホテルの近所を散策しながら考えることに

ここから先はノープランです。

秋保温泉 周辺散策

秋保温泉景勝地
磊々(らいらい)峡を歩きます。

f:id:kuronekofreedom:20220311222149j:plain

磊々(らいらい)峡を歩く

フリガナが無いととても読めません。

沢の流れを聞きながら、奇岩のわきを上ったり下ったり
結構な運動量になりました。

f:id:kuronekofreedom:20220311222825j:plain

マイナスイオンを全身で感じます

渓谷に沿って約30分の散歩です。
濡れた遊歩道は滑りやすく注意しながら景色を堪能します。

f:id:kuronekofreedom:20220311222500j:plain

大好きな紫陽花が

渓谷から道路に戻るとそこには鉄道車両が展示されてました。

f:id:kuronekofreedom:20220311222550j:plain

秋保電気鉄道の車両

実は、ホテルの部屋から見えていたので、血が騒いでました(笑)

行ってみるとそれはかつて仙台市の長町と秋保温泉を結んでいた秋保電気鉄道の車両でした。展示場所は終着駅だったようです。
昭和36年には廃止されてしまったようです。

f:id:kuronekofreedom:20220311222702j:plain

f:id:kuronekofreedom:20220311222705j:plain

かつて多くの湯治客を運んだ秋保電気鉄道

くろねこは仕事で何度も仙台に来ていました。
その奥座敷である秋保温泉はいつも行きたいと思ってましたが、車でないと行けない立地に実現には至っておりませんでした。
もし、秋保電気鉄道があったなら、もっと早くに来れたのにと

この車両は廃止後、長崎電気軌道に譲渡され、平成12年まで活躍したのち、「余生を故郷 仙台で送らせては」の粋な計らいで保存展示されたそうです。

「おかえり」

秋保温泉をあとに

7月3日(土)10:00
秋保グランドホテルを出発!

仙台南ICから東北道
目的地は猪苗代湖にしました。
近くは何度も来てるのに、猪苗代湖はいつも素通りしてたので、道の駅 猪苗代 をナビにセットして出発です。

郡山JCTから磐越道に入ります。
正面に磐梯山が見えてきます。

猪苗代磐梯高原ICで降り、道の駅 猪苗代に到着です。

時刻は12:30 ここでランチ

f:id:kuronekofreedom:20220311223137j:plain

道の駅 猪苗代
残念ながら湖岸ではありません。

朝食バイキングでしこたま食べたくろねこくろねこ奥さん
正直そんなに食べれない状態なので、軽くラーメンでも食べることに

f:id:kuronekofreedom:20220311223256j:plain

軽くラーメンをいただきました

もちろん喜多方ラーメンです。

ラーメン食べながら、帰りのルートを考えます。
普通なら、東北道に戻って東京目指すのですが、それでは面白くないと思ってしまうくろねこ

では…
会津若松から鬼怒川抜けるか?

と思ってるところに、くろねこ奥さんが「湖がたくさんある!」と
貼ってある観光マップには五色沼が!

行きたそうなので、「じゃあ、行くニャー」と
裏磐梯に向かうと日付が変わるまでに帰れるか分からないので猪苗代湖の観光は取り止めとしました。

f:id:kuronekofreedom:20220311224046j:plain

夏の空が出迎えてくれました

進路は裏磐梯

7月3日(土)13:40 道の駅 猪苗代 出発

猪苗代湖を一度も見ることもなく、BMW磐梯山ゴールドラインへ
山間部を抜けるコースです。

f:id:kuronekofreedom:20220311224948j:plain

裏磐梯ゴールドラインの途中のパーキングスペースから猪苗代湖を臨む

14:30 道の駅 裏磐梯 到着

桧原湖に降りるつもりでしたが、よくわからず、道の駅 裏磐梯に寄りました。

f:id:kuronekofreedom:20220311224519j:plain

道の駅 裏磐梯

f:id:kuronekofreedom:20220311223914j:plain

道の駅 裏磐梯 の展望台から桧原湖が見えます

 

15:00 道の駅 裏磐梯 出発

会津若松磐梯線・R121で会津若松を目指します。
途中、夕立ちに遭遇!
雷とものすごい雨で、非常に危険な状態でした(汗)

会津若松市内に入るころには天気は回復

16:25 セブンイレブン 会津芦ノ牧店 休憩

水分補給と休憩のため、R121沿いのコンビニに寄りました。
ここから、一気に鬼怒川を目指しますが、少し走ったところで「足湯」の看板を発見!

足湯 発見!

16:40 湯野上温泉駅 足湯を堪能

f:id:kuronekofreedom:20220311230041j:plain

f:id:kuronekofreedom:20220311230044j:plain

湯野上温泉駅 併設の足湯

会津鉄道湯野上温泉駅には足湯があります。もちろん無料で楽しめます。

しかし・・・ ものすごく熱かったです。ネコ肌の方、要注意!

この駅は列車の交換駅です。

f:id:kuronekofreedom:20220311230433j:plain

f:id:kuronekofreedom:20220311230436j:plain

絶景のトレインビューです!

17:10 湯野上温泉駅 出発

f:id:kuronekofreedom:20220311230747j:plain

足湯を堪能し、あとは一気に東京へ

いよいよ ラストスパート

BMWは、R121を南下

日光宇都宮道路東北自動車道

都心の渋滞も考慮し、最後の休憩ポイントに立ち寄ります。

20:00~20:45 佐野SA 最後の休憩

f:id:kuronekofreedom:20220311231040j:plain

最後の休憩ポイント 佐野SA

首都高は順調に流れ、夜の街並みを通り抜けます。
時刻は22:45

(ナビ)「まもなく目的地付近です」

 

プログラマブルボタンの操作でJET STREAM 夢幻飛行」(MP4)を再生します。

そろそろ、お別れの時間が近づいて参りました
お相手は、わたくし城達也でした

♪夢幻飛行 が流れ始めます。

城達也さんのナレーション)

夜間飛行のジェット機の翼に点滅するランプは
遠ざかるにつれ次第に星の瞬きと区別がつかなくなります
お聴きいただいておりますこの音楽が、
美しくあなたの夢に溶け込んでゆきますように

 

BMW中央ディスプレイには、JET STREAMの動画
滑走路に着陸するシーンが映し出されています。

f:id:kuronekofreedom:20220311233853p:plain

そろそろ、お別れの時間が近づいて参りました

トータルの走行距離 約1260km
燃費 言えません

最後に

高田松原 奇跡の一本松 は二度目の訪問でした。(2021年7月)

あの日から、11年経過しましたが、まだまだ、復興の途中です。
現在も行方不明者の捜索が継続して行われています。

多くの方が、大きな悲しみを堪えながら、立ち上がり歩んでいる姿に、たくさんの勇気をいただいています。

この大震災を通じて、自分にできることは何か? 何度も考えさせられ
行きついたところは、「自分にできることをやる!」ということです。

自分に与えられた役割をしっかり果たすことが、
僅かではあっても、この社会の一部として動かしているということだと
自分は考えています。

また、機会を作り、東北、巡りたいと思います。
この目で見てきたこと、何らかの手段で残していきたいと思います。

お時間あれば、下記にも震災関連の記事を投稿していますので、お立ち寄りください。

www.kuronekofreedom.com

それでは、また。

 


くろねこ自由気ままな日記

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
© 2020 くろねこ自由気ままな日記