また幼い命が奪われました

こんにちは

この週末は少しゆっくりできたので
テレビやネットをいろいろ散策しました。

その中で「どうしてこんなことが起きてしまうのだろう」と
こんな事件が、なぜ、繰り返されてしまうのだろうかと

「バス 置き去り事件」

また起きてしまった園児バス置き去り事件

この事件に関連するニュースや動画
やり場のない怒りが込み上げてきるのと同時に悲しくて涙が出てきました。

 

飲み干した水筒

脱ぎ捨てた衣類

 

置き去りにされたバスの中で

必死に生きようと

必死に家族の下へ帰ろうと

3歳の園児の「生きたかった」思いを考えると言葉がありません。

 

園側の記者会見では、
園長と副園長が涙ひとつ流さず、淡々と会見をする姿
ちなちゃんの名前も間違えるし
非常に気分が悪くなりました。

弁護士二名が会見席に並んで座っているのも違和感を覚えました。
「私たちは戦います」と宣言しているように見えました。

会見終了直前には、園長が笑う場面も

廃園になるかも知れないね

一人の園児の命が失われた直後
当事者、しかも、事故 事件のあったバスを運転していた園長

どうしてこんな笑顔ができるのでしょうか?

 

報道で流れた園児の確認方法

ミスが重なった と何度も報道されていましたが
この方法にも「違和感」を覚えました。

「出欠アプリ」とか使っているようでしたが機能していません。
ITを使っていることで大丈夫と思っていたのでしょうか?

 

バス乗車時、バス降車時、園の登園、園の降園の4回をひとつの出席簿で管理するような極めてアナログですが、これを日ごとに実施することで、事故は減らせるのではないでしょうか?

やはり、一番重要なのは
「大切な命」を預かっているという意識
だと思います。

お金をかけてシステム化するよりも、「出席簿」管理は手間はかかるかも知れませんが安価にできるのではないでしょうか?

また、外から見えないこのバス これもNGですね。
今回、バスは園から離れた場所の駐車場に駐車されていました。
もし、バスの中が見えていたら、誰かが気づいた可能性も

中が見えない登園バス

本当に残念です。

こんな事件が繰り返されないことを祈ります。

 


くろねこ自由気ままな日記

ブログランキング・にほんブログ村へ
© 2020 くろねこ自由気ままな日記