趣味の話題や忘備録(的な)情報のページ
くろねこ自由気ままな日記

ブログランキング・にほんブログ村へ

OPTIPLEX 9020 ビデオ編集マシンへの第一歩

 

くろねこです。こんにちは。

梅雨らしい天気です。皆さん、如何お過ごしでしょうか?
今朝、愛車で出かけた際に「I Like Chopin (Gazebo)」がオーディオから流れてきました。今日の天候にぴったりだと♪ 
名曲ですね。くろねこは大好きです。

さて、今回のお話は、先日持ち込まれた古いPCに関するお話です。

目次

 

古いPCの再生を依頼される!

突然、訪れた友人が
「これでビデオ編集するから、
 激速マシンにしてくれ!」

と。

持ち込まれたPCは、DELL OPTIPLEX 9020 SFFです。
詳細なスペックは下記の通り

  • CPU Intel Core i7-4700 3.40GHz
  • メモリ PC3-12800S 4GB×4 合計16GB
  • ディスク Seagate SATA3 500GB 5400rpm
  • ビデオ AMD Radeon R7 200 Series

このPCが販売された当時、かなりハイスペック仕様だったと思います。
また、この機種は企業向けモデルなので、リースアップしたPCが中古として出回っていたのでしょう。

一般的にビデオ編集を行うための要求スペックはこんな感じです。
(OSはWindows10の場合の目安との認識です。)

  • CPU 最低でもi7以上
  • メモリ 16GB~
  • ディスク SSD 少なくともOSはSSD上にインストールされていること。
    できるだけ高速アクセスが可能となる NVMeのm.2 SSDが良い。
  • ビデオ PCI Express x16のビデオカードで、nVidia geforceAMD radeon が欲しいところ

問題のPCで上記の条件と比較すると、ディスクをSSDに換装することで、一応最低ラインはクリアできそうです。

でも、それでは面白くないな~ (心の声)

友人「どうせなら、激速マシン、行けるでしょ!」
くろねこ(心の声)「キターーーー 掻き立てる言葉だよぉぉ」
くろねこ「ちょっと検討してみる」
友人「よろしく! じゃあ!」

くろねこが考えた激速マシンは

やっぱり、SSDは、NVMeのm.2だよな~
う~ん

メモリは32GBに増設しよう!
SSDは、NVMeで500GB
ビデオはそのままで必要ならそのあと検討

これらのパーツなら、保管庫にあるものですべて賄えます。
ということで、いよいよ組み立てです

PCへのパーツの組み込み

はじめに、交換パーツです。

メモリ PC3-12800S 8GB×4

f:id:kuronekofreedom:20210619175104j:plain

装着前の写真、取り忘れました

現在、搭載しているメモリをすべて撤去し、8GBメモリ4枚に差し替えます。

NVMe m.2 SSD

f:id:kuronekofreedom:20210619175212j:plain

Western Digital WD_BLACK SN750 NVMe SSD

容量は500GBのものが保管庫にありました。

M.2 PCIe アダプター

f:id:kuronekofreedom:20210619175419j:plain

Inateck M.2 PCIe アダプター
右下は装着するSSD

 SSDをこのアダプタに装着し、ブラケットをロープロファイルに交換します。

f:id:kuronekofreedom:20210619175612j:plain

f:id:kuronekofreedom:20210619175616j:plain

f:id:kuronekofreedom:20210619175620j:plain

アダプタにSSDヒートシンクを装着

SSDを搭載したアダプタをPCIeスロットに差し込みます。

f:id:kuronekofreedom:20210619175725j:plain

赤枠部分がSSDとそのアダプタ

Windows10のセットアップ

Windows10のセットアップ用USBメモリの作成方法については割愛します。

SSDのフォーマット

元のHDD上のWindowsが動作する状態で下記作業を実施します。
今回のPCのHDDにはWindows7が入っていたので、そのWindows7を起動します。

コマンドプロンプトを起動し、今回装着したSSDをGPTフォーマットします。
手順は下記の通りです。
GPTフォーマットの手順
・diskpart
・list disk
・select disk n <== list diskで表示されたディスクからSSDの番号を指定
・clean・convert gpt
・list disk <== gptフォーマットされているディスクは右端に「*」がついてる
・exit

Clover EFI bootloaderの準備

OPTIPLEX 9020は、PCIe接続されたNVMeアダプタからブートすることができません。

この問題を解決するのが、Clover EFI bootloaderなんです。
ちょっとググってみるとたくさんの情報が出てきますので、ご興味のある方はググってみてください。
ただし、所謂、危険なサイト(ウィルス対策ソフトが警告を出すサイト)が多いので、注意してください。

それでは、Clover EFI bootloaderUSBメモリを作成します。
手順は下記の通りです。
・Clover EFI bootloaderのダウンロード

sourceforge.net

  最新のもので大丈夫です。
・ダウンロードしたら、ファイルを解凍し、isoファイルを取り出します。
・空のUSBメモリを用意し、RufusなどのUSBへの書き込みソフトでUSBを作成します。   USBメモリの容量は、くろねこの場合、512MB (USB2.0)のもので充分でした。

ここで重要な作業です。
・NVMeドライブのドライバの準備
 NVMeアダプタ上のSSDを認識させるため、以下の作業を実施します。
 USBメモリの中のNvmExpressDxe.efiをコピーします。
  詳細は詳細は下記の通り
 コピー元: /EFI/CLOVER/drivers/off/NvmExpressDxe.efi
 コピー先: /EFI/CLOVER/drivers/UEFI/NvmExpressDxe.efi
・USBを取り外します。
・元のHDDもこの時点で切り離します。
・その他、余計なHDDもすべて外しておきます。
(この状態で接続されているデバイスは、NVMeアダプタ上のSSDのみの状態です。)

BIOS設定

再起動し、BIOS設定画面を表示します。(ロゴマーク表示時点でF2キー連打)
設定する項目は下記のとおりです。
・Boot Sequesce : UEFI
・Secure Boot : Disable
Sata operation : Raid on

Windows10 セットアップ

次にWindows10をセットアップします。
・Windows10セットアップ用USBメモリを接続し、PCを起動します。
・セットアップメニューで、Windows10 x64を選択して進めます。
・セットアップするWindows10の種類を選びます。
 (もちろんライセンス保有のエディション)
・セットアップ先は、NVMeアダプタ上のSSDです。

セットアップが進み、再起動がかかると、Windows10セットアップ用メモリで起動されるので、セットアップするWindowsの種類のメニュー画面になったら、セットアップをキャンセルします。キャンセル後の再起動でBIOS画面を表示し、そこで電源を切ります。

・Windows10セットアップ用USBメモリを取り外し、代わりに、Clover EFI bootloaderUSBメモリを挿入し、電源を投入します。
Clover EFI bootloaderが起動し、メニューが表示されるので、そこから、SSDを選択し、ブートさせます。

f:id:kuronekofreedom:20210619180933j:plain

Clover EFI bootloaderの起動メニュー

表示されるデバイスは個々のPCの状態により異なると思いますが、これまでの作業で余計なものは外しているので、Windowsロゴがついてる最初のデバイスを選択します。

くろねこのPCでは、何故か実際には接続されていないデバイスが表示されました。(原因や対処方法は現時点で不明です。これについては、あらためて調査する機会を作るとしようかなと。)

起動デバイスを選択すると、Windows10のセットアップの続きが始まります。
あとは淡々とセットアップを進めます。
今後、このPCでSSDからブートさせるには、このClover EFI bootloader USBメモリが必須となります。

くろねこは見栄えを気にする方なので、
Clover EFI bootloader USBメモリをPCの背面側に
「きれいに」固定しました(笑)

f:id:kuronekofreedom:20210619181248j:plain

Clover EFI bootloaderのUSBメモリをさりげなく固定(赤枠内)

上記の黄色枠部分は、NVMeアダプタカードです。

激速になったのか?

Windows10のセットアップが終了した極めてクリーンな状態で、ベンチマーク取ってみます。
ワクワクドキドキですが、もうすでに速度を体感してます!

ベンチマークの結果は下記のとおりです。

f:id:kuronekofreedom:20210619181532j:plain

WinScoreShare

f:id:kuronekofreedom:20210619181608j:plain

CristalDiskMark

充分な速度出てます!!

別に機会に、HDD、SSD(SATA3)、SSD(m.2 NVMe)の比較も並行してベンチマークしてますので、報告させていただきます。

ビデオ編集環境は?

激速にするだけで、大掛かりな作業になってしまいました。
Clover EFI bootloader関連の調査が大変でした。

ビデオ編集環境のセットアップは、調査も含め、ゆっくりやろうかと思います。
ごめんなさい。

今回、こちらのブルグを参考にさせていただきました。

umomemo.hatenadiary.jp

 

今回、古いPCを再生させたわけですが、このPC以外にも再生したものがありますので、お時間のある方は、こちらもご覧ください。

www.kuronekofreedom.com


それでは、今回はこのへんで。

 

にほんブログ村 IT技術ブログへ
 

 


くろねこ自由気ままな日記

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
© 2020 くろねこ自由気ままな日記